【お知らせ】雪の日に三瀬越えを考えている方へ

昨日今日と全国的に激しく雪が振りましたね。北海道近くに停滞した台風レベルの低気圧による影響で数年に一度の猛吹雪になるとの予報でしたが、まさにその予報に恥じない雪でした。
おかげで、佐賀もだいぶ雪が積もりました。
今日は、こんな雪の際の龍登園へのアクセス方法を紹介したいと思います。

はじめに申し上げたいのは、龍登園近辺で雪が降るのは例年4回前後(体感的にですが)ということです。
多い時はやたら降りますがそれでも一冬で10回まで行くことはほとんど無いです。降る時も、1~2日でメインの道路は復旧するのが常で、数日に渡って影響が残ることはほぼありません。
ですので、今回の話では、ガンガン降ったその日と翌日ぐらいを想定したいと思います。

  1. まずは雪の状態を確認
    お好みの天気予報アプリやサイトで、雪の状態を確認します。「Yahoo!天気予報」だと雨雲レーダーのページで今後どれくらい雪が続くか予想が見られるので便利です。上でも書いたように、雪の影響が3日以上に渡って残ることはまれです。雪が降って、その後晴れた日が2日も続いたら大体問題なく通行できるようになっている場合が多いです。もちろん、晴れたと言っても気温が低い状態が続いている場合は凍結の危険があります。下記の3.などで道路の状況を確認してください。
  2. 公共交通機関を使って来る場合
    鉄道と高速バスだと、鉄道の方がやや復旧が早い様に感じますが場合によるかもしれません。JR九州管内の状況については「九州旅客鉄道株式会社」のページで見ることが出来ます。
    高速バスは高速道路が止まっても下道が通行可能なら運行する場合も多いですが、朝の段階で高速道路が止まっている場合は運休になってしまうことが多いです。
    ちなみに西鉄高速バスの天神~佐賀便わかくす号の場合、ここのページで運行状況などを出すようですが、「当日この後の便」についての情報は載らないこともあるので、リアルタイムの情報が欲しい方はスマホに「にしてつバスナビ(iPhone/Android)」というアプリを入れて検索されるのをおすすめします。(PCからならここのサイトでも見られるようです)
  3. 高速道路や国道を使って来る場合
    高速道路については「ハイウェイ交通情報」をブックマークしておくことをおすすめします。その時のリアルタイムな規制状況が見えるので便利です。
    佐賀県内の国道などの規制や通行止めを調べるなら「佐賀県道路情報」のページが便利です。
    道路の中でも三瀬トンネルに関しては三瀬トンネルのページを見ると、現時点の交通規制情報だけでなく、ライブカメラによる数時間前の様子が見られるため判断がつけやすいと思います。

さて、雪による交通状況はわかった。しかし、自家用車で表題の三瀬越えをしなければならない…という方へ、三瀬越えをする場合に気をつけた方が良いことをいくつか紹介させて頂きます。

  • 雪の中を行く可能性が少しでもあるなら事前にチェーンを買っておきましょう。
    山越えのルート上にはチェーンなどが買えるお店はありません。三瀬超えの場合、外界で普通に走れる場合でも三瀬ではチェーンや滑り止めなしではNGの場合が多いです。
    三瀬トンネルのチェーン規制は、チェーンを付けてないからと言って実際に通れなくなることは少ないので、それを知ってる方の中には「たかだか1回にわざわざチェーンを買うのももったいない」という方もいらっしゃると思いますが、雪の日に三瀬を走るとそこかしこに、スリップして路肩から落ちた車や、身動きできず乗り捨てられた車を見かけます。もちろん事故ってる車も。
    買っておけば、いざという時にかなり安心・安全に通行が可能です。
  • チェーンを買ったら付け方を1度練習しておきましょう。
    チェーンの付け方は昔に比べるとだいぶ楽になりましたが、実際に付ける場面では雪の中だったり、明かりがあまり無い状態だったりします。少しでも慣れておくとだいぶ違います。
    個人的な感覚では、初めて付ける場合だと両輪で30分くらいかかるチェーンが、1回練習しておくと15分くらいで付けられるようになります。15分雪の中で悪戦苦闘する時間を節約するために、温かい日に練習しておきましょう。
  • 三瀬トンネルのライブカメラと佐賀県交通情報をチェック。
    上で紹介したこの2つのページは雪の日には要チェックです。雪の状態への心構えが出来ます。
  • チェーンを付けるタイミングは「ちょっと早め」が吉
    チェーンがない状態で積雪/凍結道路を行くのは無謀ですが、乾燥した道路を行くとチェーンが摩耗して破損してしまう場合があります。道路の状態を見ながらタイミングを見計らう必要があるのですが、付けるのタイミングは「道路のタイヤが通る轍が濡れてるのが当たり前で、雪や氷が残る様になったらorこの先でそうなりそうと思ったら」、外すタイミングは「轍に雪や氷が無く乾いてる部分が出てきたらorこの先で出てきそうと思ったら」かと思います。
    でも、そうは言ってもなかなか丁度いいタイミングでチェーンを付けられる場所が見つからない場合がおおいですので、チェーンには負担をかけてすまないですがちょっと早めに付けて、安全が確認できた時点は外すのが良いと思います。
  • で、具体的にどこで付け外ししたらいいの?
    西新から三瀬トンネルを使って佐賀に抜けるルート上で道路の状態が変わるポイントを紹介したいと思います。
    • 早良区曲渕付近
      福岡から佐賀に向かう際、急速に天候が変わるのがここです。この手前ではパラパラだった雪が大雪になったりします。曲渕に至る手前で道路にだいぶ雪や氷が残っているようなら、コンビニやスーパーなどの駐車場を使ってチェーンを付けてしまった方が良いです。
    • ループ橋手前
      曲渕まで問題なく来れたけど、三瀬トンネルのライブカメラで佐賀側の道路が雪になっているようなら、ループ橋手前に何箇所かあるチェーン設置スペースを使ってチェーンを付けましょう。雪の日は「トンネルと抜けるとそこは雪国」になっています。
    • 池田交差点~どんぐり村付近
      おそらくこのルート上で一番と言っていい程、雪の日は過酷な状況になる区間です。この手前まで問題なく登れても、ここで事故ってしまったり立ち往生する車が多いです。ご注意を!!
    • 大和町松瀬の柚木バス停を過ぎた辺り
      柚木バス停の前は直線の坂道になっておりその先のS字カーブの辺り(佐賀から来た場合は三反田を過ぎて坂道をぐんぐん登った先のS字カーブの後のもう一つのS字カーブの辺り)にチェーン着脱所があります。この近辺で急速に道の状態が変わります。
    • セブンイレブン佐賀大和梅野店~富士大和温泉病院の対岸辺り
      佐賀方面から来る場合、龍登園付近から三反田の辺りは大きく道路状況が変わりませんが、この辺りを過ぎると次は柚木の辺りまでチェーン着脱しやすい場所が無くなります。
      セブンイレブン佐賀大和梅野店の駐車場もしくは富士大和温泉病院対岸の路肩がやたら広い辺りで着脱されることをおすすめします。

龍登園の坂道は、除雪剤を巻きスタッフが除雪を行いますが、あまりの豪雪の時は追いつかない場合がございます。龍登園の下まで来たけど登れそうにない…という時や、その他気になることがある時はお気軽にお問い合わせください。
ホテル龍登園 tel0952-62-3111


※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

こんな記事もいかが?