三瀬城跡は探検と思って訪れた方が良い3つの理由

行ってきました、脊振山内の主 神代勝利の城 三瀬城跡へ。
通勤の空いた時間にふらっと立ち寄ったのですが、そういう気持ちで訪れるのは色々な意味でもったいないと思いました。
今回はその辺を3つの理由にまとめてご紹介したいと思います。

その1:アクセスはしやすいが周りになにもない

三瀬城跡の場所三瀬城は脊振山地の山城です。
福岡と佐賀の境、三瀬トンネルの近く。佐賀側から旧道に入ってすぐ右手にある林道金山脊振線を進むこと数分。400mほどの所に詰めれば軽自動車4台程度停まれる位の駐車場があります。
車でなら佐賀市内から1時間弱、福岡からでも西新あたりからなら同じ位で来ることが出来ます。
そこが登山口で、そこから50mも進むと原生林を思わせる深い森が始まります。
そして周りにはなにもありません。

三瀬トンネル付近まで戻ればドライブインがあり、三瀬トンネルの入り口のパーキングにはトイレやジュースの自販機はありますが、コンビニとなるとずっと佐賀側なら三瀬支所を過ぎた辺り、福岡側なら早良の辺りまで戻らなければありません。
水分補給用の飲料や山頂でなにか食べるつもりなら、事前に用意することをおすすめします。

その2:足回りに注意!サンダル・革靴・ハイヒール等はダメ!絶対!

二の郭虎の口付近。極めて急な坂になってます。 二の郭虎の口付近。極めて急な坂になってます。[/caption]三瀬城へ向かう約800mの山道は、私の足で20分ほどの距離でしたが、7割方は大変峻厳な胸突くような坂で幾度か立ち止まらずにはいられませんでした。
特に後半、山頂付近はかなり急な坂となったり、横が崖になった細い道となったり。

私が履いていたのは平底のスポーツシューズで街歩きにはちょうどよかったのですが、行った日は前日雨が降ったためか若干滑りやすくなっており、枯れ葉に足を取られたりもしました。
可能であればグリップが効く靴、トレッキングシューズなどを使われた方が良いと思います。サンダル・革靴・ハイヒールで来るのは無謀&危険です。

それと上に書いた20分という所用時間は、あくまで取材優先で1人でチャッチャと登った場合の時間です。誰かと一緒に、ゆっくり景色を楽しみながら登るなら倍くらいの時間を見ておいた方が良いと思います。

その3:派手な見せ物は無いので妄想スイッチは常時オン推奨

これは遺跡などを楽しむ場合の必須ポイントだと思うのですが…。
城と聞くと熊本城みたいなわかりやすい派手なものを想像する人が多いと思いますが、多くの遺跡旧跡は往時の姿をほとんど留めていなかったり、むしろ派手さは必要ない実質重視の場合が多いものです。

三瀬城も後者に属します。
「神代勝利の城」と知らせずにここを登ればただのハイキングとしてしか楽しめないかもしれません。(それでも十分楽しいコースだとは思いますが)
でも、事前に神代勝利のこと、山城として価値やその構造の巧みさなどを頭に放り込み、登りながらあそこにここに山内の武士たちが潜んでいる姿、戦っている姿を想像しながら登れば楽しみは何倍にも膨れ上がります。

三瀬城跡の案内板例えば、二の郭の手前は深い掘が作られていますがこれあることで、攻め手は細い道を一列に敵兵に身を晒しながら登ることになります。虎の口(郭の出入口)の左右にある巨石が積み重なった所も、そういう目で見れば、強硬な要塞に見えてきます。

また、本郭にある福岡側の展望スポット。そこから下を見ると断崖と言っていい状態になっておりますが、回り込もうとした軍勢もここを必死に登ろうとしては矢弾の餌食になっただろうし、二の郭まで進んできた敵は佐賀側の展望台からの攻撃の犠牲となったことでしょう。
今、本郭の中央にある石の祠の前には神代勝利が陣取ったりしたんでしょうか。
米や水が備蓄され、武士たちが手に手に得物を持って走り回ったのでしょうか。

そんな妄想をしながら眺める山城は、観光スポットとして完成したお城とはまた違ったたまらない魅力を秘めています。
私としては、三瀬城跡を登る時はぜひ妄想スイッチを常時オンの状態で登られますようおすすめいたします。

ともあれ、以上の3つは、プチ探検旅行では必須のポイントだと思います。
ぜひご参考にされて、三瀬城跡を攻略して下さい。

CM:登った後の回復スポットを用意しておきましょう

温泉大浴場「せせらぎの湯」正味1時間程度の登山行でしたが、戻って車に乗ったら、ふくらはぎが張ってパンパンになっていました。万年デスクワークの私ならではかもしれません。
ともあれ、終わった後にはやはり温泉なんかで体力回復したいですよね。
三瀬城登山の後は、車で30分ほどのホテル龍登園の健康バイキングと入浴をセットでお楽しみ頂けたら嬉しいです。
もちろん当館だけでなく、三瀬にはやまびこの湯さん、富士町には古湯・熊の川などの温泉郷があります。予め回復スポットを選んで状況を聞いておくと良いと思います。

当館の健康バイキングについてはこちらを御覧下さい

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

こんな記事もいかが?