龍登園の今年のガーデンバーベキューは4/26からスタート

ガーデンバーベキューバーベキューしたことありますか?
バーベキューとは、元々アメリカの開拓時代に野外で行われた牛や豚の丸焼きを囲んだパーティを、“丸焼き”を意味するスペイン語の“barbacoa”と呼んだのが始まりで、今では丸焼きにこだわらず肉や野菜を野外で焼いて楽しむものとして定着し、日本でもアウトドアの定番イベントとして人気ですね。

でもこれ、実際にやろうとすると案外面倒が多いもの。

まず場所が限られること。
火を使いますので、もしもの際に類焼の危険性が無い所を選ぶ必要があります。
煙が出ても火事として通報されないような場所が理想です。
調理や食器の洗浄や消火などのために飲料も出来る水場が近いことも大事な条件です。
そして忘れていけないのがトイレも近くにあること。
さらに言えば、車で近くまで乗り付けられることも重要なポイントです。

そして道具の準備。
野外で調理をするための鉄板や金網のグリル装置はもちろん、包丁やまな板、トングや菜箸などの調理器具、食べるための食器類、飲料水用のタンク、飲み物や食材を冷やしておくためのクーラーなどは必須です。
椅子やテーブル、日差しを避けるテントなどのくつろぐグッズも重要ですね。
こうした道具は日常使っているものでもOKですが、使い回すものがなければ購入するなり借りる手筈を整えなければなりません。

さらには調理の手間。
肉や野菜を手頃な大きさに切ったりタレを用意したり、焼くためには食材の下準備が必要です。
これは現場でやることもでき、むしろそれもバーベキューの醍醐味の一つではあるのですが、時間的に余裕が無い場合や食べることがメインなら事前に準備する必要があります。

参加者みんなが集まれる日程を設定してそこに向けてこれらの問題をクリア…となると、もともとアウトドアやイベントを仕掛けるのが大好きな人がいればともかく、今まで経験したことがない方にとってはややハードルが高いと言わざるを得ませんが、当館の「ガーデンバーベキュー」なら初心者でも気軽にバーベキューを体験する事ができます。

場所は当館の敷地内にあるガーデンスペース。
今「ローズガーデンプロジェクト」が進んでいる場所で、藤棚の下にイス・テーブルが設えてあります。
基本的な調理済みの食材セット、鉄板式のガスグリル、お皿やコップなどの食器類も予めご用意いたしますので準備の手間がいりません。追加の食材や飲料はオーダーも可能です。

「でもそれじゃ“お店で焼き肉”と一緒でしょ。バーベキューっぽくない!」という方には、お持ち込みをオススメいたします。

通常、食品や飲料の食事会場への持ち込みはお断りしておりますが、ガーデンバーベキューでは“持ち込み自由”とさせて頂いております。追加のお肉やお野菜、飲料類も全てお持ち込み頂けます。
例えばこんなページのこんなレシピも、食材だけ仕込んでお持ち込み頂ければ楽しむことが出来ます。
(鉄板式のガスコンロなので金網前提のレシピは出来上がりが違ってくるかもしれませんが)
こだわりの一品を仲間で持ち寄って味比べをする…なんて楽しみ方も出来ますね。

もちろん、終わった後の食器の片付けやゴミの回収などもこちらで行いますから“楽しいところ取り”が可能です。
なお、荒天・雨天の場合は屋根のかかった場所か屋内に会場をご用意させて頂きます。開放感は減ってしまいますが、中止無しで楽しんでいただくためですので何卒ご了承くださいませ。

今年の子ども会やスポーツ少年団のイベントに、職場のグループの交流会に、手ぶらでBBQいかがですか?
ガーデンバーベキューの詳細情報はこちらを御覧下さい

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。