石井樋公園(さが水ものがたり館)

On 7月 16, 2016, Posted by , In 観光スポット, With No Comments

石井樋とは、成富兵庫茂安の指揮の下、元和年間(1615-1623)に嘉瀬川と多布施川の分かれ目に造られた取水施設のことです。
大井手堰、象の鼻、天狗の鼻などの独特の機構によって嘉瀬川の水をろ過し、土砂の混じらない綺麗な水を多布施川に供給することが出来るようになっています。
これにより、佐賀城下に綺麗な生活用水や農業用水を安定して供給できる様になりました。

園内には、大井手堰、象の鼻、天狗の鼻などが復元されており、石積みも数多く残っています。
また、「さが水ものがたり館」では、成富兵庫茂安の業績や佐賀平野と水などについて、ジオラマや映像で紹介されています。

多布施川沿いは春には桜の名所として賑わい、さが桜マラソンではゴール前のエリアとして有名です。

Comments are closed.