佐賀城本丸歴史館

On 7月 15, 2016, Posted by , In 観光スポット, With No Comments

龍造寺家の居城として天正年間に作られ、その後、鍋島藩の居城となった佐賀城の跡に、幕末・維新期の佐賀藩をわかりやすく伝える施設として作られた国内最大級の木造復元建物です。
復元されているのは、天保年間に火事で消失した後、天保8年(1837年)に再建された平屋の本丸です。
江戸期には新たな城郭の造成は禁止されていたためもありますが、藩の財政が逼迫していたことが大きく、藩主・鍋島直正は旧来の天守閣を望む前藩主などの反対派を押し切り平屋での再建を進めました。
(これが直正が藩主となって最初に行った大きな仕事の一つでした。)

館内には、佐賀の歴史を辿りながら見られる展示のほか、広い外御書院などを使ったイベントや、日曜日には「佐賀八賢人おもてなし隊」による歴史寸劇が行われたりしています。

入場無料ですが、入口で募金を募っており、維持管理などに充てられています。

Comments are closed.