【お知らせ】あなたはしゃぶしゃぶ派?ステーキ派?佐賀牛の食べ比べお試しプラン


龍登園のスタンダードな会席プランの一つに佐賀牛を使った料理を存分にご堪能頂くことをテーマにした「佐賀牛三昧会席【極】」があります。
(ちなみに「佐賀牛会席観劇プラン」とは別です。あちらは佐賀牛のお料理はメインの陶板焼きのみです。)

このプランを低価格でお試し頂くプランを以前実施していたのですが、2月以降も継続させて頂くことになりました続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【初日から3日間限定】たつみ演劇BOX観劇がお得なクーポンあります

いよいよ、たつみ演劇BOX公演が迫ってまいりました。
が、今年は曜日のためか初日から3日間の席予約が(あくまで例年に比べてですが)やや大人しい状況です。
しかし、最初の3日間の盛り上がりはその後の公演の成功を占う上で重要な期間。
そこで、初日から3日間限定のオトクな割引クーポンを配布させて頂くことにいたしました!! 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【おしらせ】ズワイガニ食べ放題オプションの子供料金について


二食付きプランのご夕食に“ズワイガニの食べ放題”をお付けするオプションには、これまでことも料金が設定されておりませんでしたが、この程、お子様に関しても半額にて設定させていただくことになりました。

今後、ズワイガニ食べ放題を設定する場合は、大人2000円、子供1000円(共に税込。子供は小学生以下。但し、三才未満は無料。)とさせて頂きます。

何卒、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【佐賀で体験】佐賀県庁のプロジェクションマッピングは年末年始も上映!!


佐賀市内で最も高い建物佐賀県庁の最上階で上映されているプロジェクションマッピングは、年末年始も上映するそうですよ!!

アート・アフター・ダーク in SAGA 【年末年始も上映します!毎日18時30分~22時:※日曜・祝日は21時】 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【新プラン】ズワイガニ食べ放題&ワンドリンク付き「冬休みファミリープラン」


冬休みがいよいよ始まりますが、お出かけのご予定などはお決まりですか?
寒いこの季節、温泉は外せませんよね。
ご家族での冬の佐賀旅を応援するためのお得な5大特典を付けたプランをご用意させて頂きました。 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【佐賀探訪】突如現れた観世音菩薩の碑

<
最近、龍登園から三瀬方面に進んでいくと、ガラクタでいっぱいのおうちの横を過ぎたあたりからの細い道沿いで工事が始まっており、以前はうっそうと木が生い茂っていたカーブの辺りがパッと開けた状態になっています。

で、たぶん以前からひっそりと存在はしていたのでしょう、山の斜面に、巨石に刻まれた観世音菩薩の石碑が現れました。 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【佐賀で体験】2月のたつみ演劇BOXの夜公演について


今年も年の暮れ、来年2月はみなさんご存知「たつみ演劇BOX」の佐賀公演がやってきます。
が、今回は従来の昼公演に加え、期日限定ですが夜公演も開催することになっております。 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【佐賀探訪】来年創建330年!初詣に祐徳稲荷神社はいかが?


祐徳稲荷神社が最近ホットです。(写真はWikipediaから)
一昨年、昨年はタイの映画やドラマのロケ地となり、タイからの佐賀への観光客増加のきっかけとなりました。
そして来年2017年には創建330年を迎えるそうです。 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【葉隠拾い読み】忍ぶ恋は恋愛至上主義へのアンチテーゼ?

『葉隠』の聞書第二の〇二三五には中には山本常朝にとっての至極の恋(究極の恋)が語られています。

戀の部りの至極は忍戀也 戀死なむ後の煙にそれと知れ終にもらさぬ中の思ひはかくの如き也 命の内にそれと知らするは深き戀にあらず 思死の長けの高き事限りなし たとへ向より斯様にてはなきかと問はれても全く思ひもよらずと云ひて唯思死に極むるが至極也

“誰かに恋してもそのことは表に出さず「もしかしてあの人のこと好きなんじゃないの?」とか言われても「ええ?そんなことありませんよ。」と否定して、死んで荼毘に付されたその煙を見ていた人が「ああ、やっぱりこの人は、あの人のことが好きだったんだなあ」と始めて知れる”様な恋愛が至極の恋なんだそうです。
厳しいですねえ。つらい!辛すぎる! 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

【葉隠拾い読み】『葉隠』とは生かすことと見つけたり(←独断)

龍登園のある佐賀市大和町の松梅地区周辺は日本の武士道を語る上で欠かせない『葉隠』が生まれた地でもあります。
『葉隠』と言えば有名なのは「武士道といふは死ぬ事と見附けたり」の一節が有名です。
三島由紀夫もこの書を愛読し解説本などを書いていますが、その人生に大きな影響を与えたことは彼の最期を見ても明らかであるように思われます。
そんなためか、この言葉に代表される「滅私奉公」「峻厳な自己犠牲」の部分だけが大きくクローズアップされがちな様に思います。
確かにそうした思想は色濃いのですが、本当にそれだけの、つまり「ただ自殺する」ことを推奨しただけのものだったのでしょうか? 続きを読む

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。