【佐賀探訪】清水の滝に行くなら清水観音もお参りしよう

清水観音&清水の滝 8
小城市の清水の滝は、暑い夏には一度は行ってみたい涼感抜群のスポットなのですが、どうせ行くならお隣の清水観音をお参りしないのは超もったいないと思ったのですが、個人的な趣味かもしれませんが、少なくとも歴史好き・古い物好きには超おすすめです。

清水観音は正式には「清水山見瀧寺宝地院」と呼ばれ、延暦22年(西暦803年)平安京を作った桓武天皇の勅命で建てられた天台宗のお寺です。
“天台宗”・“滝”と来れば滝に打たれての修行ですね。最盛期には300もの坊が編まれ多くの僧がここで修行に励んだ様です。
しかしその坊はのちの戦火に巻き込まれて消失してしまったそうです。
ここに観音様を勧請したのは鍋島藩初代藩主の鍋島勝茂です。
以後、「清水観音」の名で親しまれています。

と長広舌もこの辺にして、何故清水の滝に行くなら清水観音も参拝すべきか、百聞は一見にしかず。

清水観音&清水の滝 1
これが山門。立派ですね。
もちろん仁王様が両側から睨みを効かせてます。

清水観音&清水の滝 2
入って少し進んだ処。どうです!?いい雰囲気でしょ?
参道は苔むし、木々は高く、水は清く、厳かです。

清水観音&清水の滝 3
清水観音は高い山の中腹までのぼりますが、その参道がまたなんとも言えない侘び寂び感です。

清水観音&清水の滝 4
途中で見つけたツタ草に覆われた仏様。
アンコールワットみたいです。悠久の時間を感じます。

清水観音&清水の滝 5
途中の道も素敵なのですがそこは楽しみにとっておいて本堂。
派手さはありませんがとても素敵です。ここからは小城市周辺が一望できます。

清水観音&清水の滝 6
そして本堂の横に並ぶ仏様たちもこの風情。いいですねえ。

清水観音&清水の滝 7
そしてそこから急な階段を降りると清水の滝に出ることが出来ます。
このルートだとなんだか心も体も清められたような気持ちになれます。序破急な感じです。

足腰にはだいぶ負担が来るので小さいお子様連れや、高齢の方がご一緒だと厳しいルートだと思いますが、侘び寂び好きな方はぜひ挑戦してみてください。

清水竹あかり
ちなみに毎年11月にはこの滝や清水観音付近を竹の明かりと紅葉のライトアップで飾る「清水竹あかり」が開催されます。
今年は11月19日〜27日を予定しているそうです。

ちなみに当館では、この清水竹あかりの時期に会場まで(もしくは会場行き送迎バス発着場所まで)の無料送迎を行う「清水竹あかり鑑賞プラン」をご用意しております。
清水の滝に興味を持たれた方はぜひご利用下さいませ!!

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。


【佐賀探訪】清水の滝に行くなら清水観音もお参りしよう」への2件のフィードバック

  1. 音成美和子

    質問なんですが、プールとBBQセットのプランの支払いはクレジットカードでも大丈夫ですか?

コメントは停止中です。