たつみ演劇BOXは是非観るべき!!(割引クーポンの話とか)

と、偉そうに書きましたが、例によって全体を通して見たわけではなく、受付担当をしながら少しずつ少しずつ観ました。
見て感じたのは、とても「技術の蓄積がありそうだなあ」という点でした。

芝居とかパフォーマンスの魅力のコアになるものは「情熱」や「想い」である……とおっしゃる向きが結構いるかと思います。私自身以前はそう思っていました。
でも、それは違うんじゃないか?と最近感じております。
確かにそうしたものが重要なのは確かで、そうしたものが有る表現と無い表現では有る表現の方が断然面白いだろうと思います。でも、そこに技術の蓄積がなかったら?
「気持ちはわかる」という程度のパフォーマンスになるのではないでしょうか?
「気持ちはわかる」が「わかろうとしなくても感じられる」ものなる、その境界線こそ、技術の蓄積なのではないかと思うのです。
技術の蓄積とは、身体感覚の蓄積です。言葉になるもの、ならないも含めて、生きている身体自体に起こる感覚の蓄積です。この作業は天才と言われる人でもやっていること、……というよりその作業を延々とワクワクと楽しめる人のことを天才と呼ぶのだと思います。

閑話休題。

で、たつみ演劇BOXは、そうした技術の蓄積がハンパない劇団さんだなあと感じました。
私が見た範囲では、座長の小泉たつみさんと小泉ダイヤさん、それと辰巳小龍さんの舞踊には確かな技術それをベースにした見ていて背中がゾクゾクする艶やかさを感じました。
座長さんが一番魅力的…というパターンは大衆演劇に限らずよくありますが、辰巳小龍さんの舞踊の素敵さは正直びっくりしました。
大衆演劇の舞踊は、なんというか“ヴァーチャルな女性的世界”の上に踊りが構築されることが多い様です。これは江戸期に歌舞伎などの舞台上女人禁制になっていた事の影響かなと思うのですが、そんな訳で、そのヴァーチャルな世界を構築した上で踊りが組めないと物足りなくなってしまうことが多い様です。特に踊り手が女性の場合、リアルに女性なわけですからヴァーチャルな世界がハナから成立しないことが多いです。
以前龍登園で公演して下さった剣戟はる駒座の晃大洋さんの場合、女性ながら“ヴァーチャルな女性的世界”を堂々と構築していてそれもびっくりしたのですが、辰巳小龍さんの場合、“女性ならでは”のヴァーチャルな世界を構築していて、目からうろこでゾクゾクしました。

ただ、同時に会場の空気に微妙な硬さを感じました。
例えれば、新連載の漫画のキャラクターがまだ生き始めていない頃のお話の硬さというか。
たぶん、演じながら舞いながら、佐賀のお客様との距離を模索されている役者さんと同じく楽しみかたを模索しているお客様のお見合い状態。
そしてその硬さを生んでいる原因の一つは、私達にあるのだろうと思いました。

お芝居は総合芸術と言われますが、役者と作家、音楽家、音響さん照明さん、大道具、小道具、衣装、メイクなどの総合力に加え、絶対的に大きな要素は「お客さん」です。
何もない空間に役者と観客がいて、そこに演劇が始まると言ったのはイギリスの演出家ピーター・ブルックですが、演劇に限らず表現行為はそれを観るお客さんがいて初めて成立します。
演劇とは役者と観客の共犯行為なわけです。
そして、魅力的な表現はその両者の間にある垣根が消え去った空間に生まれます。
垣根を崩す作業には、役者さんとお客様双方の力が必要なのですが、その際、人数の力はきわめて重要です。一人より二人、二人より四人がいるだけで、垣根は崩れやすくなります。
要するに、もっともっとお客様に来て頂けたら、劇団の皆さんももっともっとやりやすくなるし、そうすれば、たつみ演劇BOXのもつ劇団としての潜在的なパワーと魅力がもっともっと爆発するのではないか、と考えました。

そこで、たつみ演劇BOX佐賀初公演を盛り上げるため、インターネット経由で「お得意様割引券」の配布をすることに致しました!!

こちらからPDFを開いて、印刷して受付にご持参下さい!!
お弁当付き観劇を通常3500円からさらに500円引きの3000円に割引させて頂きます!!

※この記事は投稿日時時点の情報です。継続的な情報更新は致しません。最新の状況についてはお問合せご確認下さいますようお願いいたします。

こんな記事もいかが?


3 Replies to “たつみ演劇BOXは是非観るべき!!(割引クーポンの話とか)”

  1. こんにちは

    たつみ演劇BOXはお芝居もショーも、技術&華ともに抜きん出た劇団だと思います。
    たつみさんやダイヤさんとともに、小龍さんの魅力にも魅かれてくださって、とても嬉しいです。
    書いて下さっているように、初めての佐賀公演で劇団の皆さんもお客さんも間合いを探っていらっしゃるのでは?
    持ち前の真摯な舞台への姿勢、お笑いのセンスやお客さんへの優しい温かい心遣いで、必ずリラックスして楽しんでいただけるようになると思います。

    遠方のため行けないのが残念ですが、この日記で様子を知ることができて、とても嬉しいです。お忙しいことと思いますが、また劇団や公演のことをアップしていただけますよう、お願いいたします。
    質問ですが、15日はたつみ座長は休演されるのでしょうか?どちらかに特別出演でしょうか?もし分かりましたら、この日記でお教え下さい。

    1. コメントありがとうございます。
      本日、私、中の人がまた受付担当しました。
      今日は中で見ることは出来なかったのですが、外に聞こえてくるお客様の笑い声や拍手の熱、空気の柔らかさと盛り上がりが段違いに違いました。
      また、出てきたお客様も口々に「面白かったねぇ!!」「良かったよ!!」とおっしゃって下さいました。
      chie様のおっしゃる通り、佐賀のお客様との距離を探り切り、ビシっとツボに打ち込んできたのだと思います。
      これは、積み重ねてきた技術・力量と、お客様へ、芝居への想いが全て十分にあって初めて出来ることだと思います。
      私としては、今日で、今回の公演、絶対右肩上がりに伸びていくだろうと確信しました。

      たつみ座長の休場についてですが、15日は大阪での座長公演に出演されると伺っております。
      詳しい場所などは伺っておりませんが、その日はダイア座長が頑張って下さいます。

      また、折りにふれ、状況をご報告したいと思います。よろしくお願いいたします。

  2. こんにちは

    さっそくお返事をいただき、ありがとうございました。
    お客様が喜んで下さっている様子を教えていただき、とても嬉しいです。
    空気が柔らかく、温かいものに変わりますね。

    15日の件も教えていただき、ありがとうございました。

    お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。
    佐賀も寒いことと思います。どうぞご自愛ください。

コメントは受け付けていません。